ロゴ
HOME>コラム>社会人の婚活を有意義なものにする【出会いを増やす方法】

社会人の婚活を有意義なものにする【出会いを増やす方法】

男女

自分が好きか嫌いか

「職場と家の往復で出会いがない」そんな悩みを抱える社会人は多いです。確かに関わる場所・人が少なければ、出会いは自ずと減ってしまいます。友人に会って紹介してもらう、習い事や趣味で新しい繋がりを持つ、これも一つ必要な事ではあります。 しかし、それよりも大切なのは「自分の事が好き」である事です。自分の事が好きではない・嫌いな人は、折角出会いがあっても何かしらの言い訳(自分は可愛くない、もっと素敵な子がいる等)が先行してしまい、消極的になって自分の可能性を狭めてしまいます。友人に紹介して貰ったり、勇気を出して婚活パーティーに参加したりしても、成果が出ずに自分に合う出会い方がないとより自分を責めてしまう事もあります。 自分に自信がない人が、もっとも出会いが少ない・感じるやすいと言えます。

LOVE

譲れないものを決める

有意義な婚活をするには「自分は何のために婚活をするのか」がもっとも重要になります。例えば「幸せな家庭を築くため」と目的があったら、「自分にとっての幸せな家庭とはなにか」「どんな条件を満たせれば実現するか」を、出来る限り具体的に条件をいくつか挙げて、その中から3~5つ譲れないポイントを選びます。全て満たせないと駄目だとしてしまうと、圧倒的に出会いの幅は狭くなります。なるべく厳選することをおすすめします。この絞ったポイントは婚活の中で変わっていっても問題ありません。むしろ、経験を経てからの方がより明確になります。社会人として最低限マナーを守ることは大前提ですが、婚活だからと特別マナーやルールを意識する必要は全くありません。自分の目的や意識が明確であれば、どんな場所やイベントでの出会いでも、結果に関わらずあなたにとって有意義なものになります。